ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
2011-02-28 2011-02-28 001 003


インド風でもなく、英国風でもなく、タイでもなく、かと言って日本風でもない、ほうれん草の無国籍カレーを作りました。
あえて言うなら、中華風のカレーかな。


玉ねぎ       小2個(角切り)
ほうれん草     半束(茹でて荒みじん切り)
豚こま肉      50~100gくらい(カレー粉をまぶしておく)
じゃがいも     1個(角切り)
水         適量
固形ブイヨン    1個

カレールウ     4個
サラダ油      小さじ1杯
生姜パウダー    小さじ1杯
クミンパウダー   小さじ1杯
ブーケガルニ    少々
唐辛子パウダー   適量
あらびきガーリック 適量
ラー油       小さじ4分の1~2分の1位

サラダ油で、玉ねぎと豚肉を炒め、生姜パウダー、クミンパウダー、唐辛子パウダー、あらびきガーリックも投入。
ジャガイモ、ラー油も投入。
その後、水、ブイヨン、ブーケガルニを入れて、じゃがいもが柔らかくなったらルーを入れて、煮込みます。
最後に、ほうれん草を入れて、少し煮込んだら、ほうれん草の無国籍カレーの完成です
2011-02-28 2011-02-28 001 006

まずは、少ししか入れていない、ラー油の胡麻油の香りがふわ~~~っとして、オリエンタルです
結構辛いのですが、クミンの香り、カレー粉の香り、ガーリックの香りなどもあり、結構複雑な感じに仕上がっています。

2011-02-28 2011-02-28 001 014


なかなか、食べたことのない面白いカレーになりました


レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル「食べるスパイス」レシピモニター参加中
スポンサーサイト



鍋料理レシピ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
2011-02-01 2011-02-01 002 004






辛いものが好きな人にはたまらない!?激辛道場キムチだれを食べてみました。
以前食べた激辛道場とんかつソースとたいして変わらない様な姿です。

2011-02-01 2011-02-01 002 001


!?激辛道場キムチだれとお水を、1対3で割るのですが、思ったよりも濃度が高いタレなので、お水をやや多めに入れてみました。
2011-02-01 2011-02-01 002 002


丹波しめじ・もやし・ほうれん草・白菜を入れて、!?激辛道場キムチだれを作ってみました。
2011-02-01 2011-02-01 002 003

2011-02-01 2011-02-01 002 007


香りは「やや辛そうだなあ」という程度ですが、食べてみますと、ピリピリではなくビリビリッと、物凄い辛さの刺激がありました。
確かに、タイトル通り「激辛」です。
ここまで辛いものは、そうそう無いので驚きました。

そして、辛さの刺激が弱くならずに、しかもず~~~っと続くのです。
これほど持続性のある辛さは初めてです。

2011-02-01 2011-02-01 002 008


でも、コクやダシの旨みの様な味の深みがかなり少ないので、単に「激辛ダレ」というレベルで終わってしまっているのは残念でした。
なので、この!?激辛道場キムチだれは単体で使うのではなく、お鍋料理の調味料の1つとして使った方が美味しいようです。
家でも、結局、顆粒ダシや日本酒を入れてアレンジして食べました。


<関連記事>
激辛道場とんかつソース
激辛道場ビーフカレー



激辛ファンサイトファンサイト応援中



鍋料理レシピ | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。