ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
ドイツ・ライピツィヒから、レンタカーでドイツの首都ベルリンを目指します。

ドイツ・ベルリンが今回の旅行の最後の都市です。

とうぜんアウトバーンの運転も、最後ですね。
けっこう慣れてきて、国際免許デビューのわたくしヴァロンでも、時速140キロで、ぶーーーーん、と飛ばしていきました

でも。。。
なぜか、どんどん抜かされる・・・・

さすが地元ドイツの人々は、慣れていますから、ガンガンに飛ばしているんですよね。

しかもベンツで。

うわあー、かっこいいなー。
さすが、ドイツです


かなり順調に走ったので、予定より早くドイツ・ベルリンに到着しました。
早速ドイツ・ベルリンを観光しながら、気がついたらお昼の時間に・・

旅行最後のお昼ごはんですから、やっぱりドイツ料理かな、と探していて、MAREDO マレードというお店に入ることにしました。

s-IMG_2409_20081018154550.jpg


れっきとした、ドイツ料理のお店で、ずいぶん混んでいました。
どうやら人気店らしいです。

まずは、ビール2・70ユーロとコーヒー2・10ユーロで乾杯

s-IMG_2404_20081018154645.jpg


わたしは、あまりお腹がすいていないので、
トマトのクリーム3.70ユーロと、じゃがいもの三角パンケーキと2.60ユーロをオーダー。
相方さんは、グリルの盛り合わせ、15・20ユーロにしました。

先に、サービスのパンの登場。

s-IMG_2405_20081018154904.jpg

サワークリームがついてきました。ドイツ料理ってこうなのかな?


トマトのクリームスープと、じゃがいもの三角パンケーキです

s-IMG_2408_20081018154844.jpg


トマトのクリームスープは、濃厚な味でホイップした生クリームがのせてありました。
珍しいですよね、でもいい感じです。
もちろん、生クリームは、当然甘くないですよ。
ドイツ・ベルリンは、今までの都市より、かなり寒かったので、このスープでかなり温まりました。
美味です

じゃがいもの三角パンケーキは、誰がどう見ても、ポテトフライですよね。

これは、絶対に違う・・・・

でも、まあ、いいです。いかにも、ドイツ料理だし。

味つきの薄い衣がついていて、付け合せのサワークリームが、どばーーーーと添えられていました。
いやー、豪快だなあ。
このサワークリームは薄くて、具の無いタルタルソースみたいな雰囲気でした。
まあ、わたしは、これ、なくていいかな、って思いましたけどね。


グリル盛り合わせです。

s-IMG_2407.jpg


グリル盛り合わせは、牛と子羊のお肉がステーキになっていました。
2種盛りですね。

大量の玉ねぎスライスが入ったソースが、かかっていました。
お肉は、けっこうしっかり焼かれていて、ちょっと固めかな。

付け合せは、じゃがいものホイル焼きなんですが、これまた大量のサワークリームが、たっぷりと「これでもかあああーーーー」っというくらいかかっていましたね。
しかも、スプーンが刺さってるし。
すごいですね、この発想が。

ドイツ料理って、やっぱりじゃがいもが好きなんですね。

まさにイメージどおりで、なんだか妙にうれしいです。
それと、今回初めて知ったのがドイツ料理って、サワークリームをよく使うこと。

そして・・・


今回のじゃがいもも、ドイツ・マイセンでランチ代わりに食べたスイーツでも、同じく、何か食べ物に刺したいみたい(笑)
日本では、ありえません!!

全部で26.30ユーロのランチでした

お店に置いてあるメニューには、日本語で書かれたものも、ありました。
日本語で書かれたものを見たのは、ガイドブック意外では、ホントに久しぶりでしたね

そっかあ、私、日本人だったなーーんていう気分でした

スポンサーサイト



ドイツ レストラン&カフェ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
ドイツ・ライプツィヒでの、晩ごはんの時間です。

バリバリのドイツ料理を食べたいね・・・
ドイツ料理って行ったら、やっぱりソーセージだよね。。。

という事で、行ってきました。
ドイツビールのメーカーが経営をしている、ドイツ料理店、PAULANER RESUTAURANTS パウラーナーです。

s-IMG_2030_20081013180734.jpg

地元のドイツ人らしき人たちがけっこういました。

まずは、やっぱり乾杯

s-IMG_2023_20081013180557.jpg

ここドイツ・ライプツィヒでも、テーブルの上には、コースターが置かれていました。
チェコでもそうだった気がしますが・・・
しずくを気にしなくていいのが、GOODです
日本も、こういう所を見習って欲しいものです。

では、まずはお目当ての、焼きソーセージ、5・60ユーロです

s-IMG_2025_20081013180633.jpg

ワンプレートランチみたいで、かわいいです

ドイツだから、もっと大きいソーセージかな?と思っていたら、意外に小ぶりでよかったです
ジューシーなソーセージでした。
付け合せも、ドイツ料理の定番、ザウアークラフトです。
もう、これこそ、ドイツ料理

このザウアークラフトは味こそしっかりしているものの、酸味がきつくないので、お酢系が苦手な人も、美味しくいただけると思います
そして、同じく付け合せのホースラディッシュが、これまたよかったです

西洋わさび、って言う方が普通なのかな?
真っ白なお姿がかわいいし、
味も、日本のわさびと同じく、刺激はあるのですが、もっと野菜という感じで、ローストビーフ意外でも、色々と使えそうな気がしました。

なんせ、ソーセージとホースラディシュ、という組みあわせが、ドイツ料理という所なんでしょうかね。

お勉強になりました。

次は、ドイツビールに欠かせない?!フライドポテト、2.30ユーロです。

s-IMG_2027_20081013180657.jpg

味は、いたって普通なんですが、揚げ方がすごく良いんです。
油がしーーーっかり切れているので、全くベトつかないんです
サクサクッ、カリカリッ、な食感でした、美味

そしてサラダもね。2.60ユーロです。

s-IMG_2026_20081013180646.jpg
これも、いたって普通ですね。しいて言うなら、なんという大胆な切り方
ドイツって、こんな感じなんでしょうか。

そして、メニューを見ていて、発見しちゃったんです・・・
ドイツで食べたかったものを。

s-IMG_2029_20081013180723.jpg

そうです、白ソーセージです。
定番ドイツパン付き、4.90ユーロです。
ホントはドイツ・ミュンヘンの名物なんですが。
今回の旅行で一番美味しかったです
ハーブが効いていて、柔らかく、ジューシーで、味もしっかりしていて・・・・もう言うこと無いです

全部で23.50ユーロの晩ごはんでした。




ドイツ レストラン&カフェ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。