ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
2009-09-03 2009-09-03 001 108


フランス パリ旅行7日目の夕食は、パリのビストロL`AUBERGE BRESSANE(ローベルジュ ブレッサーヌ)に行ってきました。
ガイドブックにも掲載されているお店です。

2009-09-03 2009-09-03 001 101

20時に行ったのですが、地元の方々で満席に近く、とても賑わっていました。
まさにパリのビストロという雰囲気で、店員さんもとてもフレンドリーです
2009-09-03 2009-09-03 001 103

フランス パリ旅行最後の夕食なので、
赤ワイン 7ユーロで乾杯です
2009-09-03 2009-09-03 001 104

このL`AUBERGE BRESSANE(ローベルジュ ブレッサーヌ)は英語のメニューがあるのが嬉しいところ。
今回は、私ヴァロンも相方さんも、人生初挑戦のエスカルゴを前菜にオーダーしてみました。
あとは、やはりフレンチの高級食材フォアグラも。

野菜とか栄養バランス、カロリー、値段のことなど、この時だけは全く考えず、とにかく食べてみたいものをオーダーしました

フランスパンとバター
2009-09-03 2009-09-03 001 102


エスカルゴ 18ユーロ
2009-09-03 2009-09-03 001 108

魚介の絵が描かれているお皿に乗って登場。すごいコラボです
いやー、しかしまあ、12個も出てきちゃいました・・・
二人で1皿にしておいて、大正解です。

まずは、エスカルゴを取りだしてみます。
2009-09-03 2009-09-03 001 112

見た目はなんだかよくわからない、お姿。
エスカルゴ初心者には、殻なしでホントに良かったです。
2009-09-03 2009-09-03 001 113

エスカルゴって、柔らかい小ぶりのサザエみたいな味!

にんにくとパセリの味が結構強いので、臭みなど全くなく、食べやすいです。
サザエよりも、肝の苦みがマイルドで美味
赤ワインに合うんですよね~。

(経堂にあるフレンチレストラン「ル・グラン・コントワー」でも、エスカルゴが出てきました。
見比べると面白いですね)

フォアグラソテー 35ユーロ
2009-09-03 2009-09-03 001 117

思ったよりも、かなり大ぶりなフォアグラが4切れもソテーされていて、贅沢です
ちなみに、メイン料理のカテゴリーに入っているお料理です。珍しい
付け合わせは、ぶどうと皮つきのいちじくのソテーです。
2009-09-03 2009-09-03 001 119

こんなに厚みのあるフォアグラって、見たことがありません!!
2009-09-03 2009-09-03 001 121

これはもう、フォアグラステーキ状態です
下に敷いてある?!オリーブオイルが多いのですが、
すごくとろ~~っとしていて、美味

フォアグラ専門店 Domaine de Lintillac(ドメーヌ デュ ランティヤック)のフォアグラソテーとも、また違った感じでしたね。

もちろん、日本のレストランで出てくるフォアグラとも随分違います。
例えばタテル ヨシノ汐留や、ビストロ キムラ、 成城にあるフランス料理アシエットと比べると、すごく違いがわかります。
フォアグラが、普通の庶民的な食材のように、使われているんですよね。
さすが、本場というところでしょうか。


コッコヴァン(若鶏の赤ワイン煮込み) 22ユーロ
2009-09-03 2009-09-03 001 115

一緒についてくる、じゃがいも料理。すごく滑らかなマッシュポテトみたいです。
2009-09-03 2009-09-03 001 120

コッコヴァンは、フランスの田舎料理の定番です。
鶏肉は骨付きで、身が引き締まっていて、ジューシーではないのですが、ヘルシーな印象です。
けっこう味は濃いのですが、赤ワインの味がガツンと伝わってきます。
付け合わせのショートパスタは、けっこう柔らかめです。
2009-09-03 2009-09-03 001 116

なめこっぽいきのこが、けっこう美味です。
私ヴァロンは、この赤ワインソースをフランスパンに付けて食べるのが、美味でしたね
2009-09-03 2009-09-03 001 123

二人で89ユーロという超贅沢なディナーになりました。
スポンサーサイト



フランス レストラン&テイクアウト | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑
2009-09-03 2009-09-03 001 053


フランス パリ旅行7日目は、大定番の観光地ベルサイユ宮殿です。
なんせす~ごくゴージャス
私ヴァロンは2回目の観光ですが、何度見ても素晴らしい建造物ですね。
観光後、ベルサイユ宮殿の正面の通りに面したビストロLe Resto Du Roy でランチです

2009-09-03 2009-09-03 001 049

2009-09-03 2009-09-03 001 048

テラス席。
真夏ならいいのかも。でも、車の往来が結構ありますがね。
2009-09-03 2009-09-03 001 047

外にあったメニュー表。
プリフィックス系でそれぞれ選べるのが魅力的。
2009-09-03 2009-09-03 001 043

比較的すいていた店内。けっこうムーディーです。
2009-09-03 2009-09-03 001 046

どことなくお洒落な雰囲気です。
写真にはとらなかったのですが、2階席もあり、そちらはヒョウ柄の椅子でした
2009-09-03 2009-09-03 001 050

昼間ですし、レンタカーで来たのでお水で乾杯。
2分の一スパークリングウォーター 3.70ユーロ
2009-09-03 2009-09-03 001 044

今回はメインとデザートのコース12.90ユーロ(一人分)をオーダーしました。
それぞれ5・6種類から好きなものを選べます。
私ヴァロンのメイン。
舌ビラメのムニエル
2009-09-03 2009-09-03 001 052

赤いベリー系のソースが、お皿に華やかさを出してしますね。
付け合わせは、インゲン・人参・トマト・長粒米(バターライス)。
全体的には、まあ、普通の味ですが。
人によっては、ややお魚の臭みを感じるかもしれません。
もう少し、パリッと焼きあげていると、もっと美味しかったと思います。
2009-09-03 2009-09-03 001 053

食べていると、店員さんが焼き立てのパンを持ってきてくれました
2009-09-03 2009-09-03 001 058

これが、物凄く美味
メインよりダンゼン美味しかったです
2009-09-03 2009-09-03 001 059

相方さんのメイン。
鴨肉のソテー
2009-09-03 2009-09-03 001 054

付け合わせのお野菜は殆ど同じで、フレンチポテトがタップリありました。
でも、油っぽくないのが、とても食べやすいです。

ちょっとブレている、鴨肉のアップ。
日本でもよく食べられている味で、よくある味付けです。
2009-09-03 2009-09-03 001 056


私ヴァロンのデザート。
クレームブリュレ
2009-09-03 2009-09-03 001 060

なんだか、すごくおフランスに来た感じです
2009-09-03 2009-09-03 001 061

表面のカラメルが多少少なかったので、ガリッとしていない所もありましたが、ちゃんと苦みがあるのはいいですね。
少し堅めのブリュレで、甘いけれど甘ったるくない味です。
2009-09-03 2009-09-03 001 064

相方さんのデザート
バニラアイスクリーム、チョコレートソース
2009-09-03 2009-09-03 001 062

卵が少なめの味で、チョコレートソースが、何故か少し固まっていました。
2009-09-03 2009-09-03 001 063

2009-09-03 2009-09-03 001 065

ビストロLe Resto Du Roy は、けっこうフランス庶民の味のようなレストランです。
こう言うお店をビストロって言うのでしょうかね。



フランス レストラン&テイクアウト | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。