ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
2009-12-24 2009-12-24 001 001


フランス パリ旅行の時に買ってきたものが、有名なフランス料理店マキシム ド パリのフォアグラです。
フォアグラは、何回も食べたのに、自宅用に買ってしまいました。

フランス パリの有名なデパートであるギャラリーラファイエットの、
お土産品をたくさん集めているフロアー(地下ではなく、上の方の階)で見つけました。
ギャラリーラファイエットは、カイザー、サダハル アオキなどとても有名なお店が数多く出店しているんですよね。
特に、いわゆるデパ地下はすごい規模で、見ているだけでとても楽しいところです。


2010-02-28 2010-02-28 001 001

フロアーのかなり奥の方にマキシムドパリのコーナーがあり、そこに置いてありました。
この大きさで、90g入っていて、9.50ユーロです。
瓶入りなので、2012年の1月までの賞味期限です。けっこう長いので、お土産には最適です。
フォアグラ系のお土産は、マキシムドパリ以外にも色々とありましたが、ハズしたくないので、有名なお店のものを買ってみました。
高級食材なので、本場フランスでもそれなりのお値段になります。

私ヴァロンが買ってきたマキシム ド パリのフォアグラは、かなり安い方のものです。
中身をオープン
2009-12-24 2009-12-24 001 003

テリーヌ状と言うか、ムース状になっています。
そして、こ~~んなにタップリ
これはかなり食べ応えがありそうです。

薄くスライスしてカリッとなるまで焼いたフランスパンにのせて、食べてみました。
2009-12-24 2009-12-24 001 002

2009-12-24 2009-12-24 001 004

フォアグラの味がけっこう優しく感じるのですが、でもコクがあり、まったりとした、まろやかな口当たりです。
そして最後の方に、フォアグラ特有の肝の苦みがほのかに感じます。
上品な味に仕上げている所が、さすがマキシム ド パリのフォアグラです。
年配の方にも、おいしく頂けるのではないでしょうか。

ちなみに私ヴァロンは、普段お酒類は飲まないのですが、ワインと一緒に頂きました。
おうちでちょっと贅沢な気分を味わいました
スポンサーサイト



ご当地グルメ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
2009-09-03 2009-09-03 001 108


フランス パリ旅行7日目の夕食は、パリのビストロL`AUBERGE BRESSANE(ローベルジュ ブレッサーヌ)に行ってきました。
ガイドブックにも掲載されているお店です。

2009-09-03 2009-09-03 001 101

20時に行ったのですが、地元の方々で満席に近く、とても賑わっていました。
まさにパリのビストロという雰囲気で、店員さんもとてもフレンドリーです
2009-09-03 2009-09-03 001 103

フランス パリ旅行最後の夕食なので、
赤ワイン 7ユーロで乾杯です
2009-09-03 2009-09-03 001 104

このL`AUBERGE BRESSANE(ローベルジュ ブレッサーヌ)は英語のメニューがあるのが嬉しいところ。
今回は、私ヴァロンも相方さんも、人生初挑戦のエスカルゴを前菜にオーダーしてみました。
あとは、やはりフレンチの高級食材フォアグラも。

野菜とか栄養バランス、カロリー、値段のことなど、この時だけは全く考えず、とにかく食べてみたいものをオーダーしました

フランスパンとバター
2009-09-03 2009-09-03 001 102


エスカルゴ 18ユーロ
2009-09-03 2009-09-03 001 108

魚介の絵が描かれているお皿に乗って登場。すごいコラボです
いやー、しかしまあ、12個も出てきちゃいました・・・
二人で1皿にしておいて、大正解です。

まずは、エスカルゴを取りだしてみます。
2009-09-03 2009-09-03 001 112

見た目はなんだかよくわからない、お姿。
エスカルゴ初心者には、殻なしでホントに良かったです。
2009-09-03 2009-09-03 001 113

エスカルゴって、柔らかい小ぶりのサザエみたいな味!

にんにくとパセリの味が結構強いので、臭みなど全くなく、食べやすいです。
サザエよりも、肝の苦みがマイルドで美味
赤ワインに合うんですよね~。

(経堂にあるフレンチレストラン「ル・グラン・コントワー」でも、エスカルゴが出てきました。
見比べると面白いですね)

フォアグラソテー 35ユーロ
2009-09-03 2009-09-03 001 117

思ったよりも、かなり大ぶりなフォアグラが4切れもソテーされていて、贅沢です
ちなみに、メイン料理のカテゴリーに入っているお料理です。珍しい
付け合わせは、ぶどうと皮つきのいちじくのソテーです。
2009-09-03 2009-09-03 001 119

こんなに厚みのあるフォアグラって、見たことがありません!!
2009-09-03 2009-09-03 001 121

これはもう、フォアグラステーキ状態です
下に敷いてある?!オリーブオイルが多いのですが、
すごくとろ~~っとしていて、美味

フォアグラ専門店 Domaine de Lintillac(ドメーヌ デュ ランティヤック)のフォアグラソテーとも、また違った感じでしたね。

もちろん、日本のレストランで出てくるフォアグラとも随分違います。
例えばタテル ヨシノ汐留や、ビストロ キムラ、 成城にあるフランス料理アシエットと比べると、すごく違いがわかります。
フォアグラが、普通の庶民的な食材のように、使われているんですよね。
さすが、本場というところでしょうか。


コッコヴァン(若鶏の赤ワイン煮込み) 22ユーロ
2009-09-03 2009-09-03 001 115

一緒についてくる、じゃがいも料理。すごく滑らかなマッシュポテトみたいです。
2009-09-03 2009-09-03 001 120

コッコヴァンは、フランスの田舎料理の定番です。
鶏肉は骨付きで、身が引き締まっていて、ジューシーではないのですが、ヘルシーな印象です。
けっこう味は濃いのですが、赤ワインの味がガツンと伝わってきます。
付け合わせのショートパスタは、けっこう柔らかめです。
2009-09-03 2009-09-03 001 116

なめこっぽいきのこが、けっこう美味です。
私ヴァロンは、この赤ワインソースをフランスパンに付けて食べるのが、美味でしたね
2009-09-03 2009-09-03 001 123

二人で89ユーロという超贅沢なディナーになりました。



フランス レストラン&テイクアウト | トラックバック:0 | コメント:1 | Page Top↑

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。