ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
2010-11-23 2010-11-23 001 099




銀座フレンチの名店ロオジエのアラカルトディナー デザート編です
想定外に!?アミューズブーシュが2品出てきて、前菜・メインと続き、実はメインでかなりお腹がいっぱいに。。。
それでも、ちょっと甘いものが欲しくなってしまう、私ヴァロンです。


メインを食べ終わりますと、デザートメニューを渡されます。
(チーズと、デザートワインは、お断りしました)
2010-11-23 2010-11-23 001 097


デセールとプティフールは必ずついてきて、メインのデザートをオーダーする場合のみ、2600円ほどかかります。
メインデザートのメニュー。

2010-11-23 2010-11-23 001 098

チョコレートスフレやサヴァラン、レモンクリームのタルトなど、かなり魅力的なスイーツが並んでいるのですが、どうしてもお腹に入らないので、今回はメニューを見るだけにしました。


デセール
2010-11-23 2010-11-23 001 099

次々と運ばれてきて、テーブルの上が、あっという間にスイーツで埋め尽くされて行きました
スイーツ好きには、夢のような光景です


お口直し
2010-11-23 2010-11-23 001 105

昔あったヨーグルトや牛乳の瓶のような食器で登場しました。
確か、フランス製の食器だったような気がしますが、懐かしさを感じます。
お口直しのスイーツは、ちょっとしたソルベだったりすることが多いのですが、かなり凝ったスイーツになっています。さすがロオジエです

2010-11-23 2010-11-23 001 108

グレープフルーツの果肉を混ぜた、オレンジ系のかんきつ類のゼリー・マスカルポーネのムース・ブラッドオレンジのソルベが重ねてあり、一番上にオレンジピールが飾ってあります。
横から見ると、3層になっていてキレイです。

2010-11-23 2010-11-23 001 117

深い味わいのブラッドオレンジと、グレープフルーツの清涼感ある甘酸っぱさを、真ん中のマスカルポーネのムースが、まろやかにつなぎ合わせています。
素晴らしい組み合わせで、かなり満足度の高いデザートで美味です
これなら、メインのデザートが無くても、問題ない感じです。(他にもたっぷりありますし)



マカロン
2010-11-23 2010-11-23 001 101
テイクアウトが出来るので、お持ち帰りしました。



フルーツゼリー
2010-11-23 2010-11-23 001 103
こちらも持ち帰りました。



ライスパフ・メレンゲ菓子・クレームブリュレ
2010-11-23 2010-11-23 001 102


クレームブリュレ。
2010-11-23 2010-11-23 001 115

かなりのミニサイズで、とってもかわいらしいのです。
2010-11-23 2010-11-23 001 125

と~~っても滑らかで、柔らかくて優しい味わいです。
2010-11-23 2010-11-23 001 128

写真には写っていませんが、バニラビーンズの粒が使われています。
一番上にある薄く~く、かすかにカラメルがありますが、バランスがとっても良いですね。


メレンゲ菓子。
2010-11-23 2010-11-23 001 158

これもまたカワイイサイズなんです。
2010-11-23 2010-11-23 001 159

たっぷりとカスタードクリームがのせられているのに、下のメレンゲがサクサクッとした食感をキープしているんです。
上のベリーの甘酸っぱさが、全体をクッと引き締めています。
とっても上品なスイーツです。

ライスパフ(両端)にも持ち帰りました。



ドリンク
コーヒーや紅茶・ハーブティーなどから選べます。
私ヴァロンは、ミントティー。
2010-11-23 2010-11-23 001 119

淡い緑色がキレイで、ミントもキツすぎないので、飲みやすいです。

相方さんは、レモンティー。
2010-11-23 2010-11-23 001 122

かなり大ぶりなレモンのスライスで、勿論種など入っていません。
こういう細かい所の気配りが、素晴らしいです。



プティフール
2010-11-23 2010-11-23 001 130

すっごいです!3段のワゴンで登場です

チョコレート・イチゴの砂糖がけ3種・ギモーヴ。
2010-11-23 2010-11-23 001 131

プチシューやタルトなど。
2010-11-23 2010-11-23 001 132


ミニパイ・チョコレート・生キャラメルなど。
2010-11-23 2010-11-23 001 133

どれでも、好きなだけ!?食べられます。
相当お腹がいっぱいなのですが、これだけスゴイものを見てしまうと、ついつい「ちょとだけ・・」と言いつつ選んでしまいます。

私ヴァロンの選んだもの。
右上から、栗のケーキ・ピスタチオのチョコレート・ナッツのチョコがけ。
2010-11-23 2010-11-23 001 142


栗のケーキ。
2010-11-23 2010-11-23 001 139
プチフールなのに、金箔がのせられています。豪華です。
中には、ベリーが潜んでいました。

2010-11-23 2010-11-23 001 155

栗だけだと重くなるので、ベリーが入っているそうです。
確かに、見た目ほど重くない味わいで、でも満足度があります。


ナッツのチョコがけ。
2010-11-23 2010-11-23 001 144

2010-11-23 2010-11-23 001 141
と~~っても、サクサクで香ばしく、ナッツを少しのチョコレートで繋いでいるようなスイーツです。
これは、いくらでも!?パクパク食べちゃう味です。


ピスタチオのチョコレート。
2010-11-23 2010-11-23 001 147

2010-11-23 2010-11-23 001 140

中には色鮮やかなピスタチオが、ギュッと閉じ込められています。
(写真がボケていますが)
2010-11-23 2010-11-23 001 156
木の実特有の深い旨みが感じられ、周りのややビターなチョコレートがピッタリ。
使われているチョコレートが、かなり美味です。


相方さんの選んだもの。

右下から時計回りに、
カナッペ風・ベリーのタルト・ギモーヴ・チョコレートタルト。
2010-11-23 2010-11-23 001 135


プチフールをしっかりと堪能していますと、また別のワゴンの登場です。
フルーツポンチ・アイスクリーム・シャーベット・パウンドケーキ。
2010-11-23 2010-11-23 001 148

「もう無理。お腹いっぱい、入らない・・・」と言いつつ、かなり魅力的なパウンドケーキがあるので、頂きました。

柚子のケーキ。
2010-11-23 2010-11-23 001 150
すっごく、し~~っとりして、ほろほろ~と崩れていくようなパウンドケーキで、上の方にはコンフィチュール状の柚子がのせられていました。
甘くて、でも柚子の風味がしっかりと効いていて、でも苦くないです。


相方さんのカルダモンのシャーベット。
2010-11-23 2010-11-23 001 153

ほんの少し味見をしたのですが、どこかで食べたことのある、東南アジア系のスパイス??と思って、効いてみますと、なんとカルダモン。
カレーやハンバーグに入れるスパイスですが、スイーツに使うなんて、とっても意外で驚きました。

お料理と、ペリエ(1000円)・グラスの赤ワインを2杯(2000円×2)、お茶(一人800円)に、サービス料12%(5472円)、消費税(2432円)を入れて、合計51072円でした。

ロオジエのアラカルトディナーは、アミューズブーシュからプティフールまで、どれも完成度や満足度が高く、素晴らしいお料理でした。
フレンチでありながら、随所に和のテイストを取りこんでいました。
結構ボリュームがあり、お肉料理に関しては油の多さを感じましたが、それもまた、日本人がイメージする、フレンチの味なのかなあ、と思います。(お肉そのものは、日本人が大好きな味だと思います)

お店の雰囲気は、ロブションよりカジュアルですね。
来年2011年の3月で一度閉店しますが、新しくなったロオジエも見てみたいものです。

おススメ度 

ロオジエの他の記事:
アミューズブーシュ編その1
アミューズブーシュ編その2
前菜編
メイン編

スポンサーサイト



レストラン グルメ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
2010-11-23 2010-11-23 001 077




ロオジエのアラカルトディナー。いよいよ、メインの登場です。
アラカルトのメインは、お魚系・お肉系の合計8種類から選びます。


私ヴァロンが選んだもの。

メイン 
クリスピーなブルターニュ産オマール海老 舞茸のベニエと栗のトルテリーニを添えて
 10800円。
2010-11-23 2010-11-23 001 065


オマール海老の鮮やかな赤い色合いが、とっても華やかで印象的で、しかも秋を感じるお料理です。
盛り付けが、とっても絵画的ですしね。

2010-11-23 2010-11-23 001 066

表面をカリッと仕上げた、香ばしいオマール海老香りが、ぶわ~~~っと立ってきます。
海老もかなり身が詰まって肉厚で、結構大きめサイズですし、食べ応えがあります。
海老の、香ばしい表面に対して、中の身は火を入れてあるのに、硬さはなく、勿論パサつきはありません。
下に敷いてあるアメリケーヌコース!?が、海老のエキスがすごく凝縮されている美味しいソースなので、海老の身と一緒に食べると、すごく深さと奥行きのある味わいになります。

2010-11-23 2010-11-23 001 082

さすがに、美味です


横には、衣をつけて揚げた、天ぷらのような舞茸があり、梅塩が振られています。
少しピンク色なのが、可愛らしいですが、単に色合いだけではなく、かすかに梅の酸味が合わさるので、ちょっと軽い印象で舞茸が食べられます。

2010-11-23 2010-11-23 001 068


また、栗のトルテリーニは、イタリア料理のラビオリや、ロシア料理のペリメニのようなもので、生地にも、中の具にも栗が練り込まれています。
2010-11-23 2010-11-23 001 086

2010-11-23 2010-11-23 001 088


そして、上に薄~~っくスライスしたリンゴが、ふわっと被せてあります。
2010-11-23 2010-11-23 001 067

生地は、思った以上にしっかりとした硬めの茹で加減ですが、生地の厚みがある淵が、若干粉っぽさが残っていた所が惜しかったです。




相方さんが選んだもの。

メイン 
和牛フィレ肉のポワレ「ロッシーニ」セップとポテトのニョッキ 黒トリュフ風味
 12000円。
2010-11-23 2010-11-23 001 069

お店の方が、目の前ででソースをかけて、最後の仕上げをします。
2010-11-23 2010-11-23 001 071

そして完成。
2010-11-23 2010-11-23 001 073

フレンチの王道的なメイン料理である「ロッシーニ」ですね。
相方さんセレクトですが、こちらもまた、かなり気になったメニューです。
ビストロではなく、きちんとした!?フレンチのお店で、「ロッシーニ」を食べたことが、殆どないからです。
昨年足を運んだ タテル・ヨシノでは、鹿肉のロッシーニを食べましたがね。

2010-11-23 2010-11-23 001 075

想像以上の分厚く大ぶりな和牛が2切れあり、その上に、こちらも負けず劣らず、分厚くて大ぶりなフォアグラが積み重ねてあり、見るからに贅沢な一品です。

2010-11-23 2010-11-23 001 092


フォアグラは結構白っぽくてキレイな色ですし、とってもジューシーな脂がうわあ~流れ出てきます。
それにしても、これほど厚みがあるのは、初めてかも。

2010-11-23 2010-11-23 001 091

日本人が好きな霜降りの和牛なので、パサつき感は全くなく、程よいジューシー感があります。
火の入れ具合は何も聞かれなかったのですが、生でもなく、でも火を入れ過ぎない、絶妙な火加減でさすがです

断面がまた、とってもきれいな色なんです
2010-11-23 2010-11-23 001 081

和牛のジューシー感に、ファグラのまったりした超濃厚な風味が合わさり、そこにたっぷりトリュフが入ったトリュフソース風味が素晴らしいです。
2010-11-23 2010-11-23 001 087

かなりボリュームがありますので、油ものに強くない私ヴァロンは、一人で一皿完食はちょっと自信がないかも。
でも、嫌な感じの脂ではないので、なんといっても和牛の美味しさが素晴らしいので、是非お薦めしたい一品です。

添えられているセップ茸。
すごく薄くスライスしてあるのに、けっこう風味がしっかりしていて、美味です。
2010-11-23 2010-11-23 001 090

マッシュルームのソテー。
2010-11-23 2010-11-23 001 089

物凄く味わいが強くて、すごく美味です

ニョッキ。
2010-11-23 2010-11-23 001 093


メインも、両方とも完成された素晴らしいお料理で、脱帽です

デザートに続く。



レストラン グルメ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。