ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
赤坂 松葉屋さんでの松茸料理の続きです。

いよいよ、真打の登場
松茸さまを丸ごといただきます。
松茸の炭火焼 1本焼きです。

まずは、その松茸さまにあわせるタレの登場

s-IMG_2561.jpg

生姜醤油とお塩です。

それから、これから焼く松茸さまの登場。

matus-IMG_2219.jpg


この角度は我ながら、GOODですね。


これを、松葉屋さんの料理長さんが、炭火で焼いて下さいます。色々なお話が聞けて、とても貴重なひと時でした。


これからいただく松茸さまが立派で太かったの」で、10分くらいかかりました。
焼いていると、だんだんと松茸さまの香りが立ってきて、ものすごく期待感が沸きます。


すみません、一部食べかけです
もう、サイコーーーです
松茸バンザイ

噛んでいると、口の中中、というより、顔中、はたまた頭蓋骨の中じゅう、松茸の香りが、駆け巡ります。

s-IMG_2224.jpg

松茸って、丸ごと焼いた方が、中のエキスがこぼれなくてイイんですって。
あらかじめ裂いてある松茸を焼く、って言うのはよく見ますが、お話の通り、丸ごと焼くほうが、よりジューシーで美味です

すごいなー、松茸って。

次に、もう一本の真打です。
松茸と飛騨牛のすき焼きです。

s-IMG_2227.jpg

ここ松葉屋さんって、飛騨牛の専門店でもあるんです。
素晴らしいお肉ですね。

s-IMG_2565.jpg

色々なお野菜と、もちろん、松茸さまのお姿も。。。

s-IMG_2228.jpg

だんだんと火が入ってきました。

s-IMG_2230.jpg

このすき焼きのタレって、普通のタレとだいぶ違うと思いました。
甘味はありますが、さらっとした甘さで、ねとっとした甘ったるさが全くないんです。
しかも、関東風のような、お醤油の味が、全然強くないんですよね。
お出汁で割っているのかな?

とにかく、さっぱりとしたお味で、初めての味でした。
飛騨牛は、とにかく柔らかくて、ふわああ~としています。
歯が無くても、いただけますね。

それから、松茸さまも、タレに全く負けていなくて、美味でしたねー。
サスガです。

s-IMG_2231.jpg

最後は、やっぱりコレですね、松茸ごはんです。


s-IMG_2569.jpg

s-IMG_2571.jpg

なんて,お上品なやさしいお味なんでしょうか。
やはり、松茸とお米って合いますね。

そして、デザート

s-IMG_2235.jpg

アンズの蜜煮に小豆のクリームソースとアンコが乗せてありました。

s-IMG_2236.jpg


もう、お腹いっぱい松茸さまを味わいました。
秋、満喫です

松葉屋について書かれている他のブログ:
赤坂松葉屋(赤坂) 松茸の炭火姿1本焼 (今日もおいしいものを求めて)
松茸ご飯お替り自由なランチ!松葉屋 (チョコロスイーツセレクション)




秋の食材レシピ&グルメ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://varonkun.blog59.fc2.com/tb.php/150-05c6d179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。