ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
以前、大根を丸ごと1本買ってきて、ふろふき大根を作りました。
ふろふき大根って、外の皮を結構厚く剥くんですね。
そのほうが、美味しいの。

でも。。。

けっこう、見ていて、もったいないなー、って思っていました。

それで、作ったのが大根の皮のきんぴらです。
普通のきんぴらごぼうよりも、なんだか食べやすい味なんですよね。
味付けは同じなんだけど。

この大根の皮のきんぴらがちょっと残っていたので、これと、冷凍庫で凍っているお豆腐を使って、晩ごはんの副菜を作ります。
炒り豆腐にします。


変身料理のスタートです

絹ごし豆腐は、前に1丁80円位のときに買ったものです。
すぐに使わなかったので、そのまま冷凍庫のポンっと入れてあったものです。
ボールにお湯を入れて、お豆腐をパッケージごとドボンと入れておきます。
お湯で解凍します。
時間が合ったら、その辺に置いておくと、いいでしょうね。

ちょっと解凍し始めたら、パッケージを開けて、お皿に出しておくと、もっと早く解凍できますね。
そのとき、深めのお皿を使ってね。
面白いくらいに、水分がドボドボ出てきますので。

s-IMG_2258.jpg

面白いですねー。なんなんでしょうね、コレ(笑)

s-IMG_2259.jpg

その間に。。。

残っている大根の皮のきんぴらを刻みます。
もちろん、普通のきんぴらごぼうでもOkだと思いますよ。

s-IMG_2264.jpg

フライパンに長ネギを刻んで、ごま油と一緒に炒めます。

s-IMG_2260.jpg

長ねぎは、わたくし、いつも青い(緑!?)所を愛用しています。
栄養があるし、彩りがいいから。

そうしたら、凍っていた絹ごし豆腐を投入。

s-IMG_2261.jpg

この凍っていた絹ごし豆腐が解凍されると、なんとも言えないさわり心地になるんです。
ちょっとスポンジに近いかな。
しゃもじで、潰していきます。
うーーーん、この感触病み付きになりそう。。。

s-IMG_2262.jpg


s-IMG_2263.jpg

よーーっく、炒めていきますよー。

そして、先程の大根の皮のきんぴらを投入して、味付けです。

お酒、お砂糖、お醤油、みりんを入れて。。。

最後に溶き卵を入れたら、すぐ火を切って、余熱で卵に火を入れます。
ふわふわになるのです

完成

s-IMG_2265.jpg


s-IMG_2266.jpg


s-IMG_2267.jpg

大根の皮のきんぴらにしっかりと味がついているので、味付けはその分、考慮しておきますね。

すごく、ほっとする味です
田舎で食べる、おふくろの味ていう所でしょうか。




野菜料理レシピ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://varonkun.blog59.fc2.com/tb.php/158-6f11f59c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。