ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
大量に頂いたほうれん草を、どんなお料理にするのか??

けっこう楽しく考えています。
とりあえず、茹でて冷凍保存にはしていますが、それだけじゃねえ。
つまらない。

なにか、新しくチャレンジして作れないかなあ
・・・・と思って、ほうれん草と玉ねぎのキッシュを作ることにしました。

キッシュって、けっこうカロリーが高そうだし、時間がかかりそうな気がするんですよね。

でも、なるべく楽に、なるべくヘルシーに作ってみました。

中に入れる具材なんですが、なるべくヘルシーにしたいので、メインのほうれん草と玉ねぎだけにしました。
ホントは、ベーコンとか入れるんですがね。

そして、土台は簡単に作りたいので、ニュージーランドのベラミーズの冷凍パイシートを使います。
2009-01-11 2009-01-11 001 003


玉ねぎは薄くスライスして、レンジで2回くらいチンしました。「根菜」というボタンがあるので、それをポチッ。

2009-01-11 2009-01-11 001 004

そして、テフロン加工のフライパンで弱火で、ひたすら炒めます。

2009-01-11 2009-01-11 001 006

ホントは油で炒めるんですが、なんせヘルシーにしたいので、殆どなし。
ほんのちょびっとだけ、カロリーハーフのマーガリンを入れました。
炒め始めは、水分もあるので、時々混ぜるくらいで大丈夫。
この間に、ほうれん草をテキトーに切っていました。
ひと束分くらいかな。

ほうれん草は、レンジでチンして、氷水で色止めをして、冷ましておきます。


玉ねぎを炒めて、20分を過ぎると、段々と色が付いてきます。


2009-01-11 2009-01-11 001 008

なんとなくフライパンに玉ねぎの繊維がこびりついてきます。
そんな時は、ちょびっと、お水を入れて、木べらでこするとOK.

で、40ふん炒めると、ずいぶんとカサが減ってきます。
このくらいでいいかな。

2009-01-11 2009-01-11 001 009


これは、その辺に置いて。。。

ニュージーランドのベラミーズの冷凍パイシートを、1枚取り出して、その辺に置いて自然解凍します。

ボールに、卵2個を入れて、ほぐします。
今回の、ほうれん草と玉ねぎのキッシュに使う、キッシュの液には、ヘルシーな生クリームを使います。


2009-01-11 2009-01-11 001 022

生クリームって、けっこうカロリーが高いので、こういう所で気をつけます。

この生クリーム1個を投入して、混ぜます。
そして、お塩とこしょうをふって。
ざるでこしたら、あらっ、完成。


今回、ほうれん草と玉ねぎのキッシュを、なるべく簡単に作りたいので、土台はニュージーランドのベラミーズの冷凍パイシートを使いました。
手頃でいいですよね。

2009-01-11 2009-01-11 001 020


わたくし、タルト型がないので、普通のケーキ用の型を使っちゃいました。(18センチ)
ちょっと麺棒で延ばして、型に押し込みます。
市販の冷凍のパイ生地って、四角なので、その部分が余る、というか、そこだけびよーーんと目立ってしまうので、ナイフでナットしちゃいます。
そして、なんとなく土台が均一の高さになるように、調整します。余った生地で高さの足りないところを補うんです。

2009-01-11 2009-01-11 001 021

そして、フォークで、プスプスと生地に穴をあけて、ふくらまないようにして、これだけを先に焼きます。
160度で10分くらいですかね。

そして、この生地によーーーっく炒めた、玉ねぎをほぐしながら入れて、ほうれん草も散らして入れて。。。

2009-01-11 2009-01-11 001 023

卵液をだあああーーっと流し込みます。

2009-01-11 2009-01-11 001 024

最後に粉チーズをパラパラとふって、本焼きします。

2009-01-11 2009-01-11 001 025

160度で40分くらいかかります。

完成。

2009-01-11 2009-01-11 001 027


玉ねぎが、なんとも甘くて美味しいです。
じっくり炒めたからですね。
サーモンとか、ベーコンとかを入れなくても、ほうれん草と玉ねぎだけで、キッシュは美味しく作れます。
色もきれいだし。


2009-01-11 2009-01-11 001 032

大好評で、あっという間に食べちゃいました

2009-01-11 2009-01-11 001 034

時間はかかりますが、そうそう難しくないし、ここぞ!、と言う差し入れや集まりの時にも、喜ばれます。




野菜料理レシピ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://varonkun.blog59.fc2.com/tb.php/251-c05425e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。