ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
オーストリアウィーンでの、2日目の夕食は、これまた事前に、特に考えていなくて、夜景を見にいくところにレストランがあるようなので、「じゃあ、そこで、いっか・・」ということになりました。

こういうのって、個人旅行ならでは、です

ウィーンの中心から、それなりに離れたところにある、オーストリアの名所・ドナウタワー、というところで夜景を見て、その後、下の階にあるレストランへ。


でも・・・・

満席だった

そりゃー、そうですよね。こんなキレイな夜景を見ながらオーストリア料理を食べるのは、みんなしたいですよね。
あらー、しょうがない。カフェでいっか・・・

同じフロアにある、カフェで夕食にしました。「CAFE PANORAMA]という名前です。
オーストリア料理って、あるのかなあ

あんまり、お腹はすいていないんだけどなあ。

そしたら、オーストリア料理がありました
ERDAPFELSUPPE,というじゃがいもとベーコンのポタージュスープです。4.40ユーロです。

s-IMG_0623.jpg

じゃがいもの溶けた、とろ~ん、とした濃いスープです。こういう、濃度の濃いスープって、オーストリア料理っぽいです。
この手のスープは、けっこうお腹に溜まりますので、女性の方で、あまりお腹がすいていない方にピッタリです。

私の夕食はこれ1品です。

そして、上にのっている白いものは、サワークリームで、これと一緒に食べると、まろやかになって、クリームシチューとか、ホワイトシチューみたいな味になります。

オーストリアって、けっこう酪農王国みたいで、乳製品がお好きらしく、よく目にします。

そして、もう一品は・・・
バリバリのオーストリア料理です。
18.50ユーロです。けっこうお高いですね。

s-IMG_0620.jpg

ZWIEBELROSTBRATEN,というウィーン風ビーフステーキです。
どのガイドブックにも必ず乗っている、といっても良いくらい、有名なオーストリア料理です。

上にのっているのは、きゅうりのピクルスです。


お肉はフィレ肉ですが、日本のような厚みは無く、結構薄めにスライスしてありました。
焼き方は、勝手にミディアムになっていましたね。
揚げた玉ねぎが、写真の通り、大量に乗せてあって、肝心のお肉が見えない

私は、食べていないので、詳しくは分かりませんが、お肉はちょっと筋が気になったようですが、味付けは、わりと良い感じだそうです。
ソースだけ味見したら、隠し味に日本のお醤油が入っているような気がしました。
オーストリア料理と日本の融合なんて、あるのかな

ビール1杯4.50ユーロを入れて、合計27.40ユーロの夕食でした。




オーストリア レストラン&テイクアウト | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://varonkun.blog59.fc2.com/tb.php/50-dd32d9f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。