ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
ミシュラン1つ星のお店で有名なフレンチレストラン タテル ヨシノ 汐留メインのお肉編です。

六品目。お肉料理
メインは子羊や、和牛、鴨、鹿の4品から選べますが、今の時期はジビエが美味しいので、鹿を選びました。
それに、わたくしヴァロンは実は、ロッシーニ風のお料理を食べたことがなかったのです。
牛とトリュフや、フォアグラのソテーなど、せいぜい2種類の合体くらいなんですよね。

鹿肉のロースト フォアグラ添え ロッシーニ風
2009-11-23 2009-11-23 001 054

2009-11-23 2009-11-23 001 057
ちょっと写真が暗くてイマイチですが。。。
とても素敵な大人っぽいカッコイイ盛り付けです。
もう、見るからに美味しそうです!!

鹿肉がけっこう厚みがあり、またフォアグラもけっこう分厚くて、鹿肉をしっかりと被せるサイズです。
お肉の表面積に対して、フォアグラが小さいと、けっこうガッカリしますからね(笑)
さらに、トリュフのスライスも大きて、しっかりと存在感を主張しています。
2009-11-23 2009-11-23 001 059

刺さっている三角のプレート状のものは、チョコレートなんですって。

甘さがないので、お口直しに食べてもいいし、鹿肉と一緒に食べても良いそうです。
添えてあるものは、栗のペーストや、青菜とりんごのキャラメリゼ、ラズベリージャムです。
それぞれ、けっこうしっかりとした甘さです。

鹿肉は厚みがあるので、火の通り具合が絶妙です。
断面の赤い色がきれいですよね。
2009-11-23 2009-11-23 001 060

こんな風に、鹿肉、フォアグラ、トリュフと重ねて、ひとくちロッシーニ風にしていただきます。
2009-11-23 2009-11-23 001 061

フォアグラは、表面はすこしパリッと焼かれているのですが、口に入れるとどろ~んと、ま~~ったりと溶けていきます。
とても濃厚で臭みや変な後味が一切ない、素晴らしい味です。
これは贅沢です。
あまり美味しくないフォアグラはちょっと水っぽかったり、いかにも肝という味で、臭みや変な後味が残るんですがね。

鹿肉そのものは、ヒレ肉だからなのか、とてもあっさりとしていて、脂を感じないお肉なのに、堅くないんです。
THE 赤身!という感じで、間違いなくヘルシーなお肉だと思います。
以前オーストラリアで食べたカンガルーやエミューのお肉を思い出しました。
牛よりもお肉そのものの臭みがないんですよね。
なので、濃厚なフォアグラがとってもよく合うんです。
わたくしヴァロンは、なんせロッシーニ風を初めて食べたので、通常の牛肉で作るロッシーニ風はわかりませんが、
想像するに、ダンゼン鹿肉の方が好きそうです。


トリュフも、1枚のスライスだけなのにとても香りが良く、鹿肉をより美味しく引き立たせていました。
見た目だけではない存在感です。
付け合わせを色々と変えて鹿肉と合せても、頂けるので。。。



一口ごとに色々な味が楽しめる、贅沢な一皿です!!


今まで色々なところで食べてきたお料理の中で、ベスト5には入るくらい感激しました。
これは、是非とも食べて頂きたい一皿です




レストラン グルメ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://varonkun.blog59.fc2.com/tb.php/570-f911be16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。