ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
2010-04-04 2010-04-04 001 022

私ヴァロンが以前から気になっていたシェ松尾に行ってきました
松濤や青山、天王洲などにもお店があり、皇太子さまと雅子さまが、ご結婚前にお食事をされたお店として、有名です。
今回は、シェ松尾の中でもカジュアルなグランファミーユ シェ松尾 成城コルティ店でディナーを頂いてきました。

小田急線の成城学園前駅の駅ビルの4階にあります。
2010-04-04 2010-04-04 001 001

メニューの看板がある辺りが、カジュアル感を感じます。
2010-04-04 2010-04-04 001 002

2010-04-04 2010-04-04 001 055

メニュー。
オーナーが自ら描いたらしい?!絵画です。
小ぶりなメニュー表で、高級なお店でしたら貰えるようなメニュー表です。
2010-04-04 2010-04-04 001 009

メインが1つのAコース、2品のBコース、季節のコースがあります。
今回は、Aコースにしました。
2010-04-04 2010-04-04 001 005

カジュアル感たっぷりで、海外のレストランならあり得ない、紙のおしぼりの登場。
でも、日本人としては嬉しいんですよね
2010-04-04 2010-04-04 001 003

下のパン皿。
2010-04-04 2010-04-04 001 011

毎回ちゃんとカトラリーを替えていただけますが、フォークレストを使用。
ちょっと謎ですがね。
2010-04-04 2010-04-04 001 004

相方さんのメルローのグラスワインとペリエで乾杯。
ライムを浮かべて頂けたので、見た目も美しく爽やかな香りです。
2010-04-04 2010-04-04 001 006

パン2種とバター
2010-04-04 2010-04-04 001 018

皮が厚めでけっこう堅めのフランスパンと、雑穀パン?!
2010-04-04 2010-04-04 001 019


季節の前菜4種盛り合わせ
華やかで見た目にも美しい前菜です
2010-04-04 2010-04-04 001 022


ホワイトアスパラガスと黒ゴマのムース 空豆のブルーテのアスピック
下から、黒胡麻のムース・チキンブイヨンのゼリー・ホワイトアスパラガスのムース。
2010-04-04 2010-04-04 001 023
上のアスパラは、結構やさしい風味、下の黒ゴマは、かなり濃厚な味で美味
絶対にお家では作れない、レストランでしか味わえない一品です。
女性は、大好きな味なのでは


あわびのフランと赤ピーマンの濃厚なソース
カップの底に、小さいあわびがちらほら。
2010-04-04 2010-04-04 001 024
上の赤ピーマンのソースが、本当に色鮮やかで真っ赤
それでいて、赤ピーマンそのものの味が濃いんです


早春の旬なサヨリのマリネ 香菜とアンチョビオリーブのドレッシング
上にのせてある、紫色のものは、生のむらさき芋。
2010-04-04 2010-04-04 001 025

私ヴァロンは、サーモンマリネだと思っていました・・・
バジルにアンチョビ・オリーブでソースを作るなんて、面白い組み合わせで、けっこう合うんです。
紫芋のシャキシャキ感が、とてもよいアクセントになっています。


わかさぎのベーニェ ブラックオリーブのタプナードソース
イタリアンに出てくる、柔らかいフリットみたい。
2010-04-04 2010-04-04 001 030
青のりのようなものを混ぜた衣で、ふわ~~っと揚げてあります。
油っぽさが全くなく、わかさぎも、骨の存在を全く感じさせない、とても口当たりの優しい味です。

これは凄いです


この季節の前菜4種盛り合わせは、見た目だけではなく、かなり満足感のある一皿です。
他のメニューも期待できますね。

続く。。。



レストラン グルメ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://varonkun.blog59.fc2.com/tb.php/682-a0635e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。