ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
2010-08-29 2010-08-29 001 196






海外旅行に行く時は、大抵レストランも事前にチェックして、いつ行くのか計画を立てておくのですが、この日は決めていなくて、街歩きをして気になったお店に入ろうということにしていました。
ネフスキー通りのからちょっと遠くに行ったところにあるお店が、気になり入ってみました。
2010-08-29 2010-08-29 001 221

КаБанчикというお店です(ちゃんと読めないのですが)
テラス席があるのですが、お店の入口は地下にあります。
2010-08-29 2010-08-29 001 224

2010-08-29 2010-08-29 001 220


店内の様子。
2010-08-29 2010-08-29 001 183

夜8時半とか9時頃に行ったのですが、始めはガラガラでした。
でも続々と後からお客さんが入ってきていました。
ロシアでは、けっこう遅い時間に夕食タイムをとるんですかね。


まずはビール120ルーブル(360円位)お水50ルーブル(150円位)で乾杯
2010-08-29 2010-08-29 001 184


代表的なロシア料理を食べようと思い、英語のメニューを見せていただいたのですが、ロシア語でメニューの名前を覚えていたので、英語ですとかえってメニューの名前がわからなくて・・・

店員さんに、ロシア語の辞書を見せながら「これはある?」と聞きながら、なんとか3品頼みました。



ロールキャベツ210ルーブル(630円位)
2010-08-29 2010-08-29 001 187


日本でもお家なので作って食べるロールキャベツですが、ロシア料理の中でも有名です。
でも、想像以上に全く違う見た目に、ホントに驚いてしまいました
2010-08-29 2010-08-29 001 189

黒いロールキャベツ?!しかもタルタルソース!?

スープが無いし、かなり黒いですし、ソースもケチャップとかではなく、どう見てもタリタルソースっぽいですし。
本当にロールキャベツなのかと思ってしまった位です。

ヨーロッパでよく使われる、葉が縮れているキャベツを使用しているようで、かなり薄く巻かれていました。
筋っぽくないですし、スープで煮るのではなく、蒸し焼きにしているようです。(だから黒いのかな?!)
中には、ラム肉とご飯が入っていました。
2010-08-29 2010-08-29 001 190

ラム肉特有の風味と味わいで、少し個性的な味ですが、ご飯が入っているので少し柔らかい印象になります。
使われているご飯はパラパラしていて、ロールキャベツを切っていくと、ボロボロ崩れていくので、つなぎにはなっていませんがね。

ソースは、サワークリームベースのソースで、ディルなどのハーブが混ぜ込んであり、このロールキャベツとよく合っていました。
見た目はかなりこってりと重そうですが、生クリームみたいにクリーミーですが、それほど重くまったりとはしていませんでした。
ラム肉との相性がいいみたいですね。
初めての味で結構美味しく頂けました
それにしてもすごく驚きました。



シャシリク 300ルーブル(900円位)
2010-08-29 2010-08-29 001 193

串焼きのお肉で、これもロシア料理の定番です。
色々なお肉の種類を使うそうで、串を取った状態で登場します。
・・なのでホントに串焼きなのか、よくわかりませんがね。
2010-08-29 2010-08-29 001 195

豚肉は少しピリ辛の味が付いていて、焼き鶏の塩味っぽい感じで、違和感は全くなかったです。
すごく柔らかい訳ではなく、少ししっかりとした食感でした。
ロシア人の好みなんですかね。
2010-08-29 2010-08-29 001 199

2010-08-29 2010-08-29 001 201
でもこの味ですと、この位の火の入れ具合や硬さが合う気がします。



ペリメニ(ロシア風水餃子) 180ルーブル(540円位)
2010-08-29 2010-08-29 001 196


想像以上のビッグサイズで、本当にホントに驚いて、笑ってしまいました!!


こんなサイズでいいんでしょうか??
2010-08-29 2010-08-29 001 206


2010-08-29 2010-08-29 001 207


今まで日本で数回しか食べたことのないロシア料理の中で、一番興味のあるお食事でした。
ロシアのご当地グルメでは大定番で、ガイドブックにはよく「ロシア風水ぎょうざ」と書かれているメニューです。
ちなみに英語のメニューでは、「ダンプリング(肉団子)」という訳で書かれています。

でも、まさか肉まんと同じ位の大きさで出てくるとは・・・
トッピングで何故かこしょうが振ってありました。

かなり分厚い生地の中には、豚肉とパクチーが入っていました。
2010-08-29 2010-08-29 001 211

2010-08-29 2010-08-29 001 213

食べてみますと、お肉の味が負ける程、パクチーがすごく主張していました。
でもペリメニによく合っていて美味でした
水餃子を作る時に、ニラの替わりにパクチーを入れてみようと思いました。


全部で860ルーブル(2580円)でした。
どれもボリュームがあって美味しくて、お腹一杯になりました。
ロシア料理は、けっこう日本人の口に合う料理だと思いました。

<ロシア料理あれこれ>
サンクトペテルブルクのパン屋さんбадтийский хдебで、じゃがいものピロシキ&ババ
ロシアの移動式パン屋месве патиссвеで、ご当地グルメのピロシキ
サンクトペテルブルクの名店 文学カフェでブリヌイ・ビーフストロガノフ
ペテルゴフ(夏の離宮)内のカフェ Cafe Palaceでホットサンドとブロッコリー&カリフラワーのスープ
ロシアのアージムトホテルの朝食
ロシアのアージムトホテルの朝食 その2
モスクワのシェレメチェヴォ空港内のカフェ「MAMA」で、本場のボルシチ&黒パン




ロシア レストラン&カフェ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://varonkun.blog59.fc2.com/tb.php/842-e6010f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。