ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
では、トマト料理のスタートです


トマトは熱湯にさっと入れて、皮を向きます。
面倒だったら、そのままでもOK
ザクザクと適当な大きさにカットします。

お鍋に(火はまだつけません)オリーブオイルちょっとを入れて、にんにく(1かけくらい、みじん切りでも、つぶすだけでも、そのままでもOK)鷹のつめ2本(タネはとったほうがいいですね)みじん切り・そのままでもOK)、ローリエ1枚を半分にちぎって、入れておきます 。
うちは、辛いもの好きなので、2本入れました。普通は、1本なんでしょうね。

この状態で、ちょっと時間を置いておくと、オリーブオイルに、にんにくと鷹のつめとローリエのエキスが出て、良い感じなんです

その間に・・・

玉ねぎ1個・なす3本・ピーマン3個を適当にザクザクカットします。

いよいよお鍋を点火

玉ねぎ・なす・ピーマンを投入

トマトは、まだですよ~

炒めて炒めて
くたくた、となったら、いよいよトマトを投入。

ちょっと炒めたら、塩(ちょっと多めに)・こしょうをいれて、ふたをして、蒸し煮にします。 トマトが良い感じにくたくたくた・・となりますよ~

私は、か・な・り・煮込んで、煮込んで、煮詰めました。

トマトたっぷりラタテュイユできあがり

そのまま、熱々でも、ひんやり冷やしても、どっちでも美味です。勿論、ホールトマトでも、OKですよ。
これでも、十分美味しくできます

普通の、そんなに甘くないトマトだったら、ブイヨンを入れるか、ケチャプ、またはトマトピューレなどを入れたほうが、いいかもしれませんね。

そのまま、頂いた後、後日、具だけをとりだして、クラッカーにのせて、カナッペにしました 。

ラタテュイユ


クラッカーよりも、薄くスライスして軽くトーストをした、フランスパンのほうがあうかも。
粉チーズを振ると、トマトの味が引き立って、また違った美味しさになり、美味です




野菜料理レシピ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://varonkun.blog59.fc2.com/tb.php/9-8dbd35b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。