ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
2011-03-19 2011-03-19 001 050



久しぶりに、六本木にあるワインラウンジBANQUE(バンク)に行ってきました。
行ってみたら、団体のお客様がいらっしゃるという事で、特別に!?個室を案内されました。

2011-03-19 2011-03-19 001 002

2011-03-19 2011-03-19 001 023


前回見てスゴイお部屋だなあと思っていましたので、いきなりテンションが上がります。

まずは、久しぶりに赤ワインで乾杯です。

2011-03-19 2011-03-19 001 004


ワインについては全く分からないのですが、ブルガリア産で、品質が良いのに人件費が安いために、割とお手軽な価格なんだそうです。
ブルガリアでワインを作っていること自体、初めて知ったので、飲むのも初めてです。
2011-03-19 2011-03-19 001 009

2011-03-19 2011-03-19 001 008


グラスを近づけた途端に、完熟されたフルーツの香りが、ぶわわわ~~っと広がります。
飲んでみますも、重たくないのですが割と甘めな感じで、やはりフルーティーな香りがしっかりと広がり、奥深さも少し感じます。
渋みはかなり少なめなので、アルコールに弱い方や、渋みが苦手な方にも、おつまみなしで美味しく頂ける味です。



五代目野田岩の野田岩のお通し
2011-03-19 2011-03-19 001 013

それぞれ違う食器での登場です。
五代目野田岩は、天然ウナギで有名なお店です。

2011-03-19 2011-03-19 001 014

赤カブのお漬物と鰻の煮凝りです。

2011-03-19 2011-03-19 001 018

赤カブは、しっかりとした食感なので、ご飯と一緒にと言うよりも、やはり単品でこのように前菜として食べるのが美味しい気がします。
甘さも塩加減も上品で穏やかなので、とても食べやすかったです。


2011-03-19 2011-03-19 001 015

鰻の煮凝りは、上の琥珀色のゼラチン部分が思ったよりもしっかりとした硬さなので、崩れることなくお箸で持てます。
下の方には、鰻がしっかりと詰まっていて、一口サイズながら、上品で全く臭みのないウナギの旨みが感じられました。

2011-03-19 2011-03-19 001 016

良い意味で、鰻が生の魚だという事を忘れそうになるくらい、とっても食べやすいです。


自家製のパン。
2011-03-19 2011-03-19 001 020

ホントに熱々で登場です。
意外にも、それほど硬くないパンです。
2011-03-19 2011-03-19 001 022




ラ・シャッスの鴨とフォアグラのパテ
2011-03-19 2011-03-19 001 027

ジビエで有名なお店のパテです。
パッと見ても、フォアグラが分かるくらい、塊で入っています。
鴨好きなので、食べた瞬間に「鴨だ!」と分かる味わいで、嬉しかったです。
鴨の独特な風味と味わいに、フォアグラのまったり、ねっとりとした濃厚な旨みが一体となって、満足度の高い一品です。

2011-03-19 2011-03-19 001 026

2011-03-19 2011-03-19 001 029

パテを単独で食べるよりも、添えられてるトーストとサラダをのせて食べるのが、一番美味しかったです。
2011-03-19 2011-03-19 001 030

赤ワインが、とっても良く合います。




ダノイのタリアテッレ 牛ホホと豚肩肉のミルク入りラグーソース
2011-03-19 2011-03-19 001 039

キャベツとアンチョビのパスタで有名な、イタリアンのお店のパスタです。
とっても上品なタリアテッレです!!
牛ホホと豚肉を合わせてソースを作るというのが、なかなか聞いたことがなく珍しいなあと思いました。

2011-03-19 2011-03-19 001 041

2種類のお肉を合わせてあるので、牛のクセが穏やかになり、少し優しく食べやすくなっている気がしました。
そのソースの中にミルクを入れているので、生クリームの様な重たさやしつこさを感じず、どこか軽やかさを感じます。

パスタは、ワインラウンジBANQUE(バンク)らしく、アルデンテを楽しめる茹で加減です。
2011-03-19 2011-03-19 001 045

タリアテッレで、アルデンテを感じられるのは、これも珍しい気がします。
パスタの味と、2種類のお肉の味を、ソースが陰からそっと繋いでいる感じで、さすが絶妙な味わいです。
きっとお家で真似して作りますと、ぼやけた味わいになりそうです。
プロの技を感じました。



相方さんが頼んだイタリアの赤ワイン。
2011-03-19 2011-03-19 001 035

わりとすっきりとした味と香りで、結構軽めの味わいです。
2011-03-19 2011-03-19 001 037

2011-03-19 2011-03-19 001 038




中勢似の厳選の熟成肉 本日の部位
2011-03-19 2011-03-19 001 049


本日の部位は、牛のみすじ肉です。
みすじ肉は、時々聞くのですが、食べるのは今回が初めてです。
ステーキの様に焼かれたみすじ肉の上には、塩コショウと生の玉ねぎのみじん切りが乗せられています。
2011-03-19 2011-03-19 001 052

食べてみますと・・・


す~~~っごく、サクサクした食感です。
こんな食感のお肉は初めてビックリです!!



お肉の繊維は分かるのですが、全く硬くはないですし、変に柔らか過ぎる訳でもなく。
お肉も、熟成されているので、旨みが凝縮していて、普通のステーキや焼き肉とは、全く別の食べ物で美味です

2011-03-19 2011-03-19 001 054


個人的には、お肉そのものが美味しいので、玉ねぎを外して食べていました。
相方さんは、玉ねぎがとっても合うと言っていましたがね。

付け合わせのお野菜も種類豊富で、甘みも感じられて美味しかったです。
野菜には岩塩も振られていました。



ラ・ロンジェヴィテの究極の海老カレー
2011-03-19 2011-03-19 001 061


パスタの時点で、わりとお腹がいっぱいになりつつあったので、カレーが入るのか心配でしたが、
これがまた美味でした。
小さめの深めのお皿に盛られています。
とっても海老の良い香りが漂ってきますが、海老も姿は全くありませんので、とっても滑らかな口当たりです。


食べてみますと、

す~~~~っごくTHE 海老なんで、こんなカレーは食べたことがありません!
海老のすべてを使った、美味しいダシを物凄く感じて美味です!


2011-03-19 2011-03-19 001 065


そして、クセを感じる一歩手前の一番美味しく感じる所で味を止めていたり、ボリュームを
考えられている所が、絶妙なのです。
これもプロでしか出せない味です。

そして、魚介系のカレーなのに、わりとスパイシーで、食べ進めますと、ピリッとした辛さがあるので、
とても良い感じです。
ご飯は柔らかめなのですが、この海老カレーの旨みと滑らかさにはピッタリで味に一体感を感じるのです。


私は本当にお腹一杯でしたが、別注文でデザートや食後の飲み物があります。
相方さんと、コース料理2人分に、グラスワイン3杯で、合計2万1000円位でした。

今回初めて バンクの名店のお取り寄せコース を食べてみましたが、他にはないコース料理で大満足でした。
コースの組み立て方や、1品辺りのボリューム等も、一番美味しく食べられる様に工夫されている事が、とてもよく感じました。

お食事の美味しさと、ワインの美味しさ、お店の雰囲気、スタッフさんの対応の良さが揃っているお店は、なかなか無いので、よいお店を見つけたと思いました。
決してお安くはありませんが、是非また行きたい店ですし、大切な方をお連れしたいお店です。


<関連記事>
ワインラウンジ BANQUE(バンク)で牛肉の赤ワイン煮込み&フォアグラソテー&アラビアータ



レストラン グルメ | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://varonkun.blog59.fc2.com/tb.php/980-03b0a42e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。