ヴァロンの生活あれこれ(料理とレシピ、生活用品)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | Page Top↑
ザルツブルク観光に熱中していて、あっという間に夕食の時間に・・・。

でも、お昼のピッツアがドッカーーンと溜まっていて、お腹減らない

まして、オーストリア料理なんて、きっと無理

でも、なし、っていうのもねえ・・・

というわけで、宿泊したHOTEL STIEGL BRAU,ホテル シュティーグルグロイの一階にあるビアレストランに入ることにしました。

オーストリア料理三昧なのかな。
ビアレストランだから、ビールも美味しいんでしょうね。

s-IMG_0817.jpg

うーん、けっこう素敵な雰囲気です

s-IMG_0821.jpg


なにはともあれ、まずは、ビールとガス入りのお水で乾杯

s-IMG_0822.jpg


私は、結局デザートだけ食べることにしました。
本日のデザート、というチョコレートケーキです。3・40ユーロです。
ビールと同じ値段なんて、ちょっと不思議な気分です

s-IMG_0826.jpg

ウエイターさんとのトークで決めたのですが、あとでふと気がつきました。
これって、、オーストリア・デザートザッハートルテだった・・・

そうか・・・、だから「クリームつける?」って聞かれたのか。

オーストリア・デザートザッハートルテは、甘ったるくなく、普通に美味しく食べました。
ウィーンで食べた、ザッハートルテより、周りにコーティングしてあるチョコレートが少なかったからかな。


でも、半分で、ギブアップ

相方は、ビールを飲んで、フィレステーキ・クリームソースをオーダー、18・20ユーロです。

s-IMG_0827.jpg

これは、オーストリア料理なのかは、わかりませんが・・・


お肉は、海外にしたら珍しく、120グラムで適量でした。
付け合せのポテトは多いけれどね。
ビールがメインだから、なのでしょうか。

お肉の下には、バルサミコソースがサーーっとかかっています。
これと別に、サラダとクリームソースが出てきました。

s-IMG_0828.jpg

クリームソースは、けっこうサラサラしていて、以外にも重くありません。
ピンクペッパーとあさつきが味を引き締めていて、しかも彩がきれいです

1つ注文しただけなのに、メイン・サラダ・ソースと3皿出てきて、けっこう豪華な感じになりました


ここは、かなり人気があるようで、あっという間にテラスは満席になりました。
これだけの雰囲気だったら、当然かも知れませんね。

27・70ユーロの夕食でした。



オーストリア レストラン&テイクアウト | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
オーストリアのウィーンから、電車に乗ってザルツブルクに来ました。

お昼頃到着したので、まずはランチを・・・。
お昼なので、オーストリア料理でなくて、いいかな、と思いながら歩いて、一軒のレストランを発見

「OSTERIA LA BRUSCHETTA DA ESTRELLA XENIA」というイタリアンです。

s-IMG_0658.jpg

オーストリアだけど、イタリアン、でも、まあ、いいかも。

前にイタリアに行った時に、一人前がすごい大きさのピッツアが出てきて、「ウゲー」ということがあったので、ここは、シェア作戦で、サラダとピッツアを1つずつ頼むことにしました。



s-IMG_0663.jpg

ビール2・60ユーロとガス入り水2.30ユーロで乾杯をして、
まずは、ルッコラとトマトのサラダ、5.90ユーロを。

s-IMG_0665.jpg

テーブルにバルサミコ酢とオリーブオイル、塩、こしょうがあるので、お好みでどうぞ、ということですが、サラダにけっこうしっかりとオリーブオイルがかかっているので、そのまま食べました。

ルッコラは、日本のものよりとても新鮮で「野生の草」という感じで、味も香りもしっかりとしていました。美味
日本のルッコラが、ひ弱で頼りない感じがしてしまいます。
輸入したいくらいの、美味しさです。お野菜が好きな人は、絶対に気に入るでしょう

それから、メインのピッツア・マルゲリータ、8.90ユーロです

s-IMG_0666.jpg
ピッツアも結構好きで、一番すきなのは、このマルゲリータです。
シンプルが一番

でも、ピッツアがきた時に、サラダがまだ残っていて、そうしたら、お店の人が、サラダのルッコラを拾って、マルゲリータの上に・・・。

メニューにあった「トマトソースとルッコラのピッツア」になっちゃいました

ピッツアは、思ったよりも薄めの生地で、よかった。
トマトソースは、基本的には美味しいのですが、人参とか玉ねぎとかが入っていて、パスタにかかっているトマトソースでした・・・。
ピッツアのトマトソースって、ホントはトマトだけのような気がしますが。

・・・なので、人参はまずかったこれ、きっと冷凍人参だ・・・

今回、旅行の期間が長いので、食事に飽きたら大変、という事で、タバスコを持ってきたのですが、ここで開封。

すごく役立ちました


イタリアと同様に、ここオーストリアでも、やはり、タバスコは見ないですね。

これなのに、やたらイタリアンのお店が多いです。

まあ、国が接していますからね。
色々な文化が入ってくるのかな。

なので、辛いものがお好きで、ちょっと長めにオーストリアに行かれる際は、日本からタバスコを持参する事をオススメします


全部で、19.70ユーロのランチでした



オーストリア レストラン&テイクアウト | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑

Yahoo! イベント/ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。